読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CRYENGINE5.2のソリューション作成について

youtu.be

 

CRYENGINE5.2からソリューション作成にCMakeが必要になりました。

公式の上げた動画を簡単に説明したいと思います。

 

 

CMakeって何?

説明すると長くなるのでwikiから引用しました。

 

 CMakeコンパイラに依存しないビルド自動化のためのフリーソフトウェアであり、様々なオペレーティングシステムで動作させることができる。CMakeは階層化ディレクトリや複数のライブラリを利用するアプリケーションをサポートするよう設計されている。実際のビルドにおいては、makeXcodeVisual Studioのようなネイティブのビルド環境が利用される。CMake自身は最小限の依存関係を持つよう設計されており、ビルドするにはC++コンパイラのみを必要とする[4]

Cmake.svg
開発元 Andy Cedilnik, Bill Hoffman, Brad King, Ken Martin, Alexander Neundorf
最新版 3.4.3 - 2016年1月25日(7か月前)[1][±]
最新評価版 3.5.0-rc1 - 2016年2月2日(7か月前)[2][±]
プログラミング言語 C++[3]
対応OS クロスプラットフォーム
種別 プログラミングツール
ライセンス 修正BSDライセンス
公式サイト www.cmake.org

 

引用→ ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

CMake - Wikipedia

 

 

 

CMakeをインストールする

Download | CMake

上記のリンクからCMakeのダウンロードサイトに飛べます。

 

f:id:Kominetti:20160914165849p:plain

 

インストローラをDLしてインストールをしましょう。

 

 

ソリューションの作成

CMakeをインストールしたら、今回は試しにテンプレートプロジェクトでソリューション作成をしたいと思います。

 

ランチャーのホームでプロジェクトにカーソルを合わせて設定マークをクリック。

 

次に「Reveal in Explorer」をクリックすると簡単にプロジェクトの場所を表示できます

 

CryEngine project を右クリックし「Generate solution」をクリック。ソリューションの作成が開始されます。

 

f:id:Kominetti:20160914171532p:plain

 

新たに「Solutions」という名のファイルが生成されその中に入っています。

 

f:id:Kominetti:20160914171820p:plain

 

 

最後に

折角なので値を少し変えてカメラ位置を変更してみました。

上→デフォルトのカメラ位置

下→変えた後のカメラ位置

f:id:Kominetti:20160914173421p:plain

f:id:Kominetti:20160914173454p:plain

 

 

 

これからもプログラム面以外で時間があればパーティクルの記事を書きたいと思っています。

【CRYENGINE5.2】新規プロジェクト作成までの説明

初めまして!

twitter.com

主にUnityやCRYENGINEを使い日々ゲームを制作してる人です。

初投稿になりますがこれからCRYENGINEの情報をベースにメモとして、はてなブログで記事を書いていこうと思います。

 

 

CRYENGINEって何?

 Crytek開発のゲームエンジン。CRYENGINE5.0から無料化された。

f:id:Kominetti:20160910154227p:plain

https://www.cryengine.com/

 

ランチャーをインストール

まず上記URLのCRYENGINEの公式サイトから、アカウントを作りランチャーのインストローラをDLしインストールしましょう。※ダウンロードの際お金を払う項目がありますが基本無料で使えるので0を選択して問題無いです。

 

エンジンのインストール

f:id:Kominetti:20160910150838p:plain

 

ランチャーを起動し「+New」を選択し一番最初の新規プロジェクトを作成します。最初はどれでもいいので適当に「Blank」でも選択しましょう。

「Engine Version」で最新のバージョンを選択し「Create Project」をクリックするとエンジン本体のDLがこのとき開始されます。

 

※バージョン5.2からプロジェクトテンプレートが追加されました。個人的には「Third Person Shooter Template」がお勧めです。

 

 

AssetsのDL

CRYENGINEにもUnityのAssets Storeみたく、「CRYENGINE Marketplace」というストアがあります。新規プロジェクトで作成したBlankでは、物足りなくCRYENGINEの魅力が伝わらないと思うのでMarketpaceで無料のサンプルプロジェクトをDLしてみましょう。

 

f:id:Kominetti:20160910154011p:plain

https://www.cryengine.com/marketplace/product/cryengine-gamesdk-sample-project

  • まず上記URLから公式サイトにログインした状態で「ADD TO CART」をクリックします
  • 次にランチャーを起動し、LIBRARYー>My Assetsに移動する
  • 「Instal」をクリックするとDLが始まる

 

 

サンプルプロジェクトを開く

 ランチャーのホームから「↓IMPORT」をクリックし、DLしたサンプルプロジェクトをホームに追加する。

C:\Program Files (x86)\Crytek\CRYENGINE Launcher\Crytek\gamesdk_5.2\GameSDK

を選択する。

 

f:id:Kominetti:20160910162835p:plain

 

いよいよエディタの起動です。プロジェクトを追加できたらプロジェクト名のところをクリックしてエディタを起動しましょう。

 

開いたら左上のFileー>Oepenー>singleplayerー>woodlandでレベルを開き

Gameー>Switch to Gameをクリック。

 

f:id:Kominetti:20160910163628p:plain

 

こんな風に開ければ成功です。

 

 

最後に

 かなり簡単な説明になってしましたが、CRYENGINEに触れるきっかけになれば幸いです。次回はプロジェクトテンプレートをいじりながら、ソリューションを作成してカメラ回りのC++少しいじってみようと思います。他にもレベルデザインなど説明出来たらなと思っています。